雑文集積所

字数カウンターの使い方

「ここに文字を入力」と表示されている枠の中に文章を入力してください。「スペースも含めた文字数」「スペースを除いた文字数」が自動的にカウントされます。入力内容はカウントのみに使用され、外部に送信されることはありません。

文章を「貼り付け」した場合でも自動的に文字数がカウントされます。左下の「リセット」ボタンを押すと入力した文章が消去され、カウントした文字数も消去されます。

漢字はよほど特殊な入力方法でなければ基本的に見たままの文字数をカウントします。たとえば「奈良県葛󠄀城市」と入力した場合、文字数は6になります。

一部の絵文字(例:👨‍👨‍👦)は一見すると1文字に見えますが、実際には複数の絵文字で構成されているため1文字とカウントされません。ご注意ください。

ダークモードについて

字数カウンターは2020年12月よりダークモードに対応しています。ブラウザなどでダークモードを設定している場合、自動的に背景色がダークモード用のものになります。

活用方法

レポート作成に

大学での課題として出されることの多いレポートや卒業論文には必ずと言っていいほど字数の縛りがあります。たとえばレポートなら「2000文字程度」となっていることが少なくありません。「2000文字程度」であれば1950字から2050字に収めることを目標とするとよいでしょう。字数が多い「だけ」の文章では評価されません。

原稿作成に

商業誌や同人誌は紙面に限りがあるため、字数の規定が設けられていることが少なくありません。編集者によっては受け取った原稿を「字数が若干多い」という理由で原稿を修正してしまうこともあります。編集者に自分が書いた文章を編集されたくない場合は事前に交渉しておくことがもっとも重要です。あわせて要求された字数の範囲内で原稿を書くことを心がけましょう。

WEBライティングに

自宅で出来る小遣い稼ぎとして人気のあるWEBライティングですが、そのほとんどは「600文字以上」「1000字程度」といった字数の規定があります。また単価も「1文字当たり」で算出されることも少なくありません。効率よく稼ぐには字数を意識して文章を書くこと、そして「1文字当たり」の単価が高い案件を見つけることが大事です。


字数カウンター更新履歴

  • 2013/06/25 作成
  • 2013/09/03 文字数カウントをリアルタイム化
  • 2013/09/05 右クリックで貼り付けても文字数をカウント
  • 2015/01/04 既存バグの修正
  • 2015/02/14 モバイルデバイス対応
  • 2016/01/10 モバイルデバイスでの表示調整
  • 2020/12/19 ダークモード対応(一部ブラウザのみ使用可能)
  • 2021/09/04 URL変更
  • 2021/11/20 リセットボタンの挙動を変更
  • 2022/02/02 漢字の異体字は1文字でカウントするよう修正

お問い合わせ

メール:sleepcows-fonts※yahoo.co.jp(※をアットマークに置換してください)

  • 件名には問い合わせ対象のページ名をご入力ください。
  • 問い合わせ内容によっては返信出来ない場合もございます。あしからずご了承ください。